大会概要

第31回東海ブロック大会 飛騨高山大会

第31回東海ブロック大会 飛騨高山大会について

目的

経済・社会環境が大きく変化する中で、企業と地域社会の次代を担う青年経済人が互いに交流と連携の輪を拡げ、企業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、その実現のために青年経済人として何をなすべきかを研究し研鑚することを目的とする。

平成30年度 東海ブロック商工会議所青年部連合会スローガン

Take action,potential of YEG ~指標高く躍動!情熱東海ブロックYEGの挑戦者達~

平成30年度 日本商工会議所青年部スローガン

Change the world,passion of YEG ~われらが未来の指標のため、今!!~

開催地テーマ

第30回までの東海ブロック大会を通して培ってきた
先輩たちがつくり上げた東海の繋がりを我々は受け継ごう(Go)
今の我々なら大丈夫、準備は出来上がっている(Ready)
次世代/未来の後輩たちに、我々の証を引き継ごう(Go)
今大会の開催地である高山市は、岐阜県の北部、飛騨地方の中央に位置し、周囲には槍ヶ岳、穂高連峰、乗鞍岳などの飛騨山脈(北アルプス)の雄大な自然があります。
そして飛騨高山温泉や奥飛騨温泉郷などの温泉と、飛騨牛や日本酒などの食文化があり、江戸時代の面影を残す古い町並や、春と秋の高山祭など歴史と文化が息づく町「飛騨高山」として、国内外から年間約450万人の観光客が訪れます。
開催地テーマは、『Go! Ready! Go! ~さぁ!準備はできた!東海はひとつ!Go来高!~』とさせて頂きました。
東海ブロックは、愛知県·三重県·岐阜県の3県だけしかないブロックです。他のブロックと比べて少ない分、逆に纏まりあるブロックでもあります。
第29回岡崎大会のテーマ『Go to the Top!team YEG』を掲げ、東海ブロックは次世代への先導者として高みを目指し、仲間との絆を大きな志の輪にする事が出来ました。そして記念すべく第30回津大会『ガッ津で進め!あふれるスピリッ津!輝く未来へレッ津 GO!』では、やる気と情熱をもって輝ける地域経済をつくりだすきっかけとなりました。
第31回東海ブロック大会飛騨高山大会は、愛知県岡崎大会で登りつめたTopを飛騨山脈、三重県津大会でのあふれる情熱の想いをその山頂から昇る御来光(Go来高)と見立て、熱き気概と勇気をもって先人達がつくり上げてきた第30回までの大会を通して培ってきたノウハウ、ご縁、深まった絆、すべてを結集させ最大限に活用させていただきます。
また我々は主管YEGとして、多くの皆さんに飛騨高山に来て頂き、直に目で、耳で、鼻で、口で、肌に触れていただき、五感で我々の住む飛騨高山を体感して頂きたいと思います。皆さんの心にある郷土愛と同じ、次世代未来の後輩たちに引き継いでいかなければならない飛騨高山の歴史、伝統文化、地域の宝を、そして私達が生まれ育った「心のふるさと飛騨高山」を知ってもらいたい。
この大会を通して我々は、関わった全ての皆様に「第31回東海ブロック大会飛騨高山大会」が心地良く心の中に残り、且つそれぞれの研鑽の場となる事、そして東海ブロックYEGが新たな未来(あす)の一歩を踏み出せ、「未来へ繋げる」大会を目指します。

主催

  • 東海ブロック商工会議所青年部連合会
  • 日本商工会議所青年部